iOS16ではiPadがホームハブとして設定できないのはMatterが関連?

ホームハブ
 
iOS16、iPadOS16、macOS Ventura、HomePod 16ソフトウェアの正式リリース後は、これまでのようにiPadをホームハブとして設定できなくなることが判明しました。
 
Appleが正式に認めたと、米メディアMacRumorsが伝えています。

iOS16プレビューの脚注に記述

iOS16プレビューの脚注に「ホームハブとして利用できるのはApple TVとHomePodのみです」という記述があったことから、iOS16/iPadOS16では、iPadをホームハブとして設定できないのではないかと推測されていました。
 
MacRumorsがAppleに確認したところ、次のような回答があったそうです。
 

ホームハブは、アクセサリからの通知を受け取る、また複数の人が自宅(の家電など)を制御できるようにする機能を持たなければならない。これらホーム(の機能)が最新のHomeKitにアップグレードされないと、共有しているホームを見ることができなくなる。iPadは、今後はホームハブとしてはサポートされない。

 
iPadをホームハブとして設定できないという情報は、iOS16へアップデートすると、ホームアプリにも表示されるとのことです。

スマートホーム規格Matterが関係している?

AppleはiPadをホームハブから外す理由を説明していませんが、MacRumorsはこの秋、製品の認定開始を始める予定のスマートホーム規格「Matter」(AppleもMatterのメンバー)が関係しているのかも知れないと見ています。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)


Amazonベストセラー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA