Apple Watch UltraのマイクロLEDモデルが大幅値上げ確実か〜専門家

Apple Watch Ultra microled 0121
 
2025年に発売されるApple Watch UltraのマイクロLEDディスプレイ搭載モデルは、の部品単価が現行モデルが搭載する有機EL(OLED)ディスプレイの5倍以上と高価なため、799ドル(日本では税込124,800円)を上回る新価格帯のモデルになるとの予想を、ディスプレイ業界情報に精通したDSCCが伝えました。

税込124,800円を上回る価格帯が新たに設定?

DSCCのレポートには、2025年モデルの Watch Ultra用マイクロLEDディスプレイの量産は、2024年に開始されると記されています。
 
DSCCによれば、 Ultra用マイクロLEDディスプレイの仕入れ価格は現行モデル用OLEDディスプレイの5倍以上と高価なことから、Appleは(現行モデルの販売価格である)税込124,800円を上回る価格帯を設定すると、DSCCは予想しています。
 
このことは、OLEDディスプレイ搭載と、マイクロLEDディスプレイ搭載Apple Watch Ultraが併売されることを意味していると考えられます。

マイクロLEDディスプレイのサプライヤー

Appleが内製化を進めているとの報道があったマイクロLEDディスプレイですが、DSCCは「そうした計画は無い」と述べています。
 
マイクロLEDディスプレイのサプライヤーについてDSCCが入手している情報では、マイクロLEDチップは当初はOsramが独占供給しその後、Epistarも供給開始するとDSCCは伝えており、有力視されていたEpistarが製造初期から参入することは無さそうです。
 
また、LG Displayが新設する工場で2024年下半期(7月〜12月)から製造するバックプレーンは、(などが採用する)多結晶低温ポリシリコン(LTPS:Low Temperature Polycrystalline Silicon)か、(iPhone14 Proなどが採用する)低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)のいずれかになるというのがDSCCの予想です。
 
S8などをAppleに供給するTSMCも関与する見込みで、ディスプレイドライバICの製造を担当する見込みです。
 
こうして製造される2025年モデルのApple Watch Ultra用マイクロLEDディスプレイの大きさは2.1インチで、解像度は325ppi程度になると、DSCCは伝えています。
 
 
Source:DSCC
Photo:Apple(米国)
(FT729)


Amazonベストセラー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA