【レポ】楽天モバイルから安さ重視でMNPするならどこ?楽天ユーザーの筆者が本気で検討

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VII
 
これまで月々のデータ使用量が少なければ無料で利用することができた楽天モバイルですが、7月から最低利用料金が1,078円(税込)になることが発表されました
 
筆者は楽天モバイルを利用していますがWi-Fiで通信することが多く、これまでほとんどの月が無料だったため、これを機に本気で乗り換えを検討しました。
 
安さ重視で選んだ、おすすめのプランを紹介します。

ポイント付与率アップではカバーできない楽天モバイルの値上げ

楽天モバイルは7月1日から、月間データ利用量に応じて月額1,078円~3,278円(税込)となる新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を開始します。既存プランユーザーも新プラン提供開始と同時に自動的に新プランに移行されます。
 
最大の変更点は、楽天モバイルが無料で利用できなくなることです。
 
これまで楽天モバイルは月々のデータ使用量が1GB以下であれば0円で利用できましたが、7月からは3GB以下はすべて1,078円(税込)になります。
 
一方で、楽天モバイルを利用していると楽天市場での買い物時にポイント付与率が従来の+1%から+2%になり、ダイヤモンド会員ならさらに+1%されるとのことです。
 
これによって以前よりもお得になる条件を計算してみると、料金値上げによる年間の支払額上昇分が12,936円ですので、
 

  • ダイヤモンド会員:12,936円 ÷ 2% = 646,800円
  • それ以外:12,936円 ÷ 1% = 1,293,600円

 
だけの買い物を1年間に楽天市場でおこなっていれば得する計算になります。
 
これだけの買い物を楽天市場でおこなっている人は限られており、多くの人は支払額が増えるでしょう。

安さで選んだ楽天モバイルからの乗り換えにおすすめの3つのプラン

筆者も楽天モバイルユーザーなのですが、この値上げを機にMNPによる乗り換えを検討しています。
 
これまで0円で使ってきただけに、乗り換え先の条件はとにかく安さ重視です。楽天モバイルからの乗り換えにおすすめと感じた3つのプランを紹介します。
 
まずは特徴をまとめた表をご覧ください(料金は記載のない限りすべて税込です)。
 

プラン名 月額基本料金 データ量 特徴
日本通信SIM
合理的シンプル290プラン
290円 1GB/月 ・220円/1GBで高速通信容量追加可能
・通話料11円/秒
・通話オプション70分/700円、かけ放題/1,600円
・容量超過後の低速通信不可
au
povo 2.0
0円 0GB/月 ・トッピングで高速通信容量や無料通話を購入する仕組み
・330円/24時間使い放題、390円/1GB(7日間)など
・通話料22円/秒
・通話オプション5分以内かけ放題/550円、かけ放題/1,650円
OCNモバイルONE
500MB/月コース
550円 500MB/月 ・10分相当の通話料金が含まれる
・通話料11円/秒
・通話オプション10分以内かけ放題/935円、通話料上位3番号かけ放題/935円、かけ放題1,430円
・ドコモショップで申し込み可能

 

日本通信SIM 合理的シンプル290プラン

日本通信SIMの合理的シンプル290プランは、その名の通り月額料金が290円のプランです。
 
日本通信SIMの合理的シンプル290プラン
 
この料金で月々1GBまで高速通信ができ、220円/1GBで通信量を増やすこともできます。3GBでも710円と、楽天モバイルよりも安く利用可能です。
 
通話料は専用アプリなしで11円/30秒で、700円の70分無料オプションや1,600円のかけ放題オプションも利用できます。
 
通信量の上限も設定可能なのですが、注意したいのはこの上限を超えると一切通信ができなくなるという点です。他社のように低速通信ができるわけではありませんので、設定値に気をつけましょう。

 

povo 2.0

povo 2.0は基本利用料が0円のプランです。
 
低速通信であれば0円で利用することができ、必要に応じて「トッピング」という形で高速通信量を購入します。
 
povo 2.0のトッピング
 
高速通信が必要ないのであれば0円で運用可能であり、必要になったときだけトッピングで課金すればトータルでは日本通信SIMよりも安く利用できるかもしれません。
 
ただし、180日以上トッピング購入がなく、利用料金660円未満の場合は回線停止・解約の対象となる可能性があるためご注意ください。
 
通話料は22円/30秒と、日本通信SIMより高い設定です。
 
また、無料通話のトッピングも用意されています(5分以内かけ放題:550円/月、通話かけ放題:1,650円/月)。

 

OCNモバイルONE 500MB/月コース

MVNO大手のOCNモバイルONEは、高速通信量が500MB/月のプランを月額550円で提供しています。
 
OCNモバイルONEの500MB/月プラン
 
このプランの特徴は、10分相当の無料通話が料金に含まれている点です。通話料から最大220円/月が割り引かれるため、通話を多く使わないものの確実に少しは使うという人は日本通信SIMやpovo 2.0よりお得になるかもしれません。
 
ドコモショップで申し込みができるので、ネットでの申し込みに不安がある人にも安心です。

筆者は日本通信SIMの合理的シンプル290プランにMNP予定

これら3プランから、筆者は日本通信SIMの合理的シンプル290プランにMNPすることにしました
 
筆者は通話はほとんどおこなわず、Microsoft 365にセットになっているSkypeの60分/月の無料通話もあるため、10分/月の通話が無料になるOCNモバイルONEは候補から外れました。
 
povo 2.0はすでに利用しており、こちらに一本化するのもありなのですが、まったく高速通信をしないということはないので結果的に割高になりそうです。
 
日本通信SIMの合理的シンプル290プランなら1GBと、少しだけ高速通信するには十分な通信量で、通話料も11円/30秒と割安となっています。これで月額料金が290円というのも破格の料金設定です。
 
楽天モバイルから日本通信SIMの合理的シンプル290プランへの乗り換えについては、後日あらためて記事にしたいと思います。

 
 
Source: 日本通信SIM, povo 2.0, OCNモバイルONE
(ハウザー)


Amazonベストセラー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA